プロフィールを書いていたら

大分に住み始めたころのことを
なつかしく思い出しました♡

大分へは、3年のアメリカ留学が終わって
1994年9月に直接来ました

留学中に、ボスが九大の医局から
大分医科大(現 大分大学医学部)に教授として赴任されていたからです
白い巨塔みたいですね…

大分には、親類縁者誰もいません
もちろん大分の知人も友人もゼロからのスタートでした

ゼロといえば、お金もゼロ
…どころか、帰国費用も足りなくて、妹から借りたくらいでした

というのも、医師免許は国家資格
つまり、アメリカでは医者ではないということ
雇用形態も、大学の「研究員」なのです。

なので、年間2万ドル(約210万円)の収入。
治安のよいところは家賃も高く、1か月8万円
小学校は公立でしたが
幼稚園は公共ではなかったので毎週支払う費用もお高め…
一家四人の暮らしは、なかなか大変でした。

3年後には、日本で売却したマンション代も底をつき、
帰国費用を一部借り、引っ越し代は新しい職場から出してもらい

マイナスから、新しい大分での新生活は始まったのです!!

移動手段は、電車と1台の自転車
TVはもちろん無く、
備え付けの電灯以外は買えず、2か所は電灯のないまま暮らしました

しばらく自転車も1台しか買えなかったので、
大道の陸橋(今は撤去されましたが)の坂道を
子供を乗せたママチャリで
突風のごとく上り下りしてたなあ…(遠い目…🥺)

大分県精神保健福祉センター(現大分県こころとからだの相談支援センター)
で音楽療法をすることになり

初めてご挨拶でうかがう当日
最寄りのバス停の「明磧」がどうしても読めず

乗車するバス停に来たバスを片っ端から止めて
「めいせき、かミョウセキ、行きますか?

👨‍✈️❓❓
「えーっと、明るいという漢字と、石編に責任の責」
と説明して、ようやく目的地までたどり着いたことなど
思い出します。
(バス停には、必ず路線図があるので見ればわかるはず)
と思い込んでいたんです

ちなみに、「あけがわら」と読みます

わたしは両親が転勤族だったので、
これまで3年以上長く
同じ場所に住んだことがなかったんです

大分にはもう
四半世紀以上お世話になっているんですねえ~❤

仲良しの友人、知人、お世話くださっている方々も大勢♡
本当に多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです 😂

ありがとうございます❤
そして、
これからもよろしくおねがいします❤